ミドリムシ効果、糖尿病

ミドリムシの健康食品、サプリメントなどを摂る事による「ミドリムシ効果」には、糖尿病に対するものもあります。

糖尿病は生活習慣病であり、食事の改善による治療も一般的なので、ミドリムシが活躍する部分も多い、といえます。

ミドリムシ効果糖尿病

糖尿病って?

糖尿病は生活習慣病の1つですが、実は子供でも糖尿病になる人は多いです。

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌が正常に作用しなくなることで、血糖値が高くなる病気です。

糖尿病は1型、2型に分けられますが、日本人の95%で大人の糖尿病のほとんどが2型糖尿病と言われています。

2型糖尿病の主な原因は、肥満、運動不足、ストレスなど毎日の生活習慣に関する原因がほとんどです。

糖尿病の初期は自覚症状がない!

基本的に痛みやはっきりした苦痛などが無いのが糖尿病です。

しかし放っておくと、腎不全、失明、動脈硬化などの恐ろしい合併症が起こる可能性が高いのです。

糖尿病自体は食事療法などで上手く付き合えば良いのですが、合併症は生死に関わるものになってしまいます。

ですので、自覚症状が無い間に、糖尿病治療の基本である食生活の改善が求められます。

栄養のバランスが良いから

ミドリムシ(ユーグレナ)は、59種類の豊富な栄養素を持っており、栄養のバランスが良い食物なので糖尿病への効果が期待できる、というものです。

糖尿病予防の食事療法として、バランス良く栄養を摂る事によって、すい臓への負担が減り機能が回復されていく、と考えられています。

アディポネクチンが増えるから

アディポネクチンは、脂肪細胞が分泌する善玉ホルモンの1種で、筋肉や肝臓で脂肪を燃焼させて血糖を減らす働きがある、と言われています。

そのアディポネクチンはドリムシを飲む事によって増える、という研究があります。

そこでアディポエクチンを増やす事による糖尿病への効果が期待されています。

ナイアシンを含んでいるから

ビタミンの1種であるナイアシンは、インスリンの分泌の際に必要なエネルギーの素になっています。

ミドリムシはこのナイアシンも含んでいます。

独自成分パラミロンが働くから

ミドリムシ特油の成分であるパラミロンは、中性脂肪や重金属を吸着して体外へ排出してくれる働きが期待されています。

デトックス効果は、糖尿病に良いとされており、又代謝の改善につながりることから、血糖値への良い影響が考えられます。

ミドリムシと糖尿病合併症

ミドリムシには糖尿病の3大合併症である、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症を改善するという効果が期待されています。

糖尿病の合併症の多くは血流の悪化が原因です。

ミドリムシはEPA・DHA、クロロフィルなどの栄養素を含んでおり、これによって血流の悪化を改善するという効果が期待できます。

又糖尿病で視力が低下するような合併症がありますが、ミドリムシには目を守る栄養素であるルテインやゼアキサンチン、EPA・DHA、βカロチンなどの栄養素が含まれています。

ユーグレナは健康食品です。

ミドリムシは健康食品、サプリメントの成分として使われています。

ですのでミドリムシ、ユーグレナは糖尿病に対して直接的、そして即効性がある効果がある、とは現時点では言えないでしょう。

それでも、豊富な栄養素や特有の成分などでとても期待されており、継続して続けている方が多いのも事実です。

自分に合うかどうか確かめるためにも、初めてミドリムシサプリを使うのでしたら、その選び方のポイントは下記の通リです。

1.お試ししやすいお手頃価格では使ってみる

2.大手で健康食品、薬品などの実績のあるところのもの

 

 

ミドリムシ体験口コミと個人的効果「記事一覧」