中年太りが止まらない!何歳頃からだったろう。

中年太りが止まらない、一体何歳ぐらいからこの「メタボウエスト&ボデイ」になったんでしょう?

男性がお腹の腹囲を気にし出す時期は人それぞれでしょうか、僕の場合は40代前半ぐらいだったと思います。

30代は大丈夫だったのか・・・って事なのですが決してそうではなく、既にお腹が突き出ていましたよ。

中年太りが止まらない,中年太り,何歳から,メタボ,ウエスト,男性,疲れやすい,眠い,お腹,腹囲,解消,サプリ,パラミロン,ミドリムシ,ユーグレナサプリ

では何故、40代前半、今から5、6年前から気にしだしたのか?と云いますと、お腹が苦しくなり、とんでもなく疲れやすく身体も重く感じるようになってきたからです。

体型がメタボ体型になった事よりも、この「カラダのだるさ」こそ中年太りを解消したい!と強く思い、解消に向けて決意するきっかけ、きっかけの「本質」だと僕は思っています。

つまり、体型がどうのこうのだけではなく、身体が重く、お腹が苦しく、動きが鈍く、疲れやすい、本当毎日辛い、だるい・・・等が深く悩ましい訳でして、

これを何とかしたい、何とかしなければいけない!という強い想いに至りました。

そして、この中年太りオヤジ特有の悲哀(自業自得の悲哀なのですが)の象徴がこのお腹、な訳です。

つまり、今更シェイプアップして女の人にモテたい、とかではなく、この毎日の生活の辛さ、不便さをとにかくなんとかしたい、が中年太り解消の想いの「本質」なのです。

とはいえ、この辛くて疲れたいつも眠い毎日・・・という「呪い」においてその呪いの象徴となっているのが「我がウエスト、たるんだお腹、暑苦しいポッチャリ」なんです。

呪いは解かなければなりません。

呪縛は解放していかなければなりません。

最終目標、ゴールは中年太りを解消しながら、体調を回復し、毎日もっと元気にやっていく事です。

だから、ポッコリお腹の解消そのものに主眼を置いているような脂肪燃焼サプリとかには、そんなに注目しませんでした。

ビタミンや野菜やアミノ酸やミネラルをしっかり補充しながら体調を整え回復させる、

という事が先ずのアピールポイントになっていて、

その上で脂肪の吸収を抑える効果が期待できるらしい、という

パラミロンを含んでいるユーグレナサプリ、ミドリムシのサプリに目が留まった次第です。

今回も有難うございました。又よろしくお願いいたします。

次回は、お腹も小さくなって、体重も減少し、何より爽やかに一日を過ごせるようになった僕自身が体験した中年太り解消法について書かせていただきます。

ま、

それが持続しなかったから、小林製薬のユーグレナサプリを注文して、今はそこに大きく期待している訳なのですが・・・

 

ミドリムシ効果口コミ「人気記事」

 
 

         

スポンサーリンク